髙橋進

2768.火星の人(ハヤカワ文庫)

オススメするコメント
不運にも火星に一人ぼっちで取り残された男の話です。
酸素もない生物もいない火星で絶望的状況ですが、主人公はとてもポジティブ。
持ち前の陽気さと専門知識を駆使して、不毛の赤い惑星を脱出します。
苦難に対してくじけない、あきらめない下を向かない主人公の記録です。

オススメ人の情報
WEB
http://susumu.us/

Twitter
https://twitter.com/susumu_indy

instagram
https://www.instagram.com/susumu_indy/