藤田美菜子

1099.愛の一家 あるドイツの冬物語(福音館文庫)

オススメするコメント
100年以上も前の物語ですが、心ゆたかに生きるペフリング一家の様子は、今も色褪せることなく胸をうちます。
最後の3行でほろり。
心の奥に、ぽっとロウソクの灯りがともるような本です。

1100.カトリーヌとパパ(講談社)

カトリーヌとパパ(講談社)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】カトリーヌとパパ [ パトリック・モディアノ ]

オススメするコメント
巧みなエピソード描写と挿絵があいまって、瞳を閉じればパリの街を歩く愛らしいカトリーヌとパパが見えてくるようです。
最後、ネクタイを結ぶパパと一緒に「すべてが簡単にはいかないけれど、がんばろう」と思える本。
年齢を重ねながら、繰り返し読みたい1冊です。

オススメ人の情報
WEB
http://minakofujita.com/