陣崎草子

931.奇跡の脳 脳科学者の脳が壊れたとき(新潮文庫)

オススメするコメント
優秀な脳科学者である「わたし」は三十七歳の若さで脳卒中に襲われる。

本書は脳の専門家が、自分の脳が壊れ回復してゆく様を冷静にメタ的に観

察した驚異の記録。左脳が壊れることで右脳に埋めこまれた「幸福」の秘

密が解き放たれる。人はなぜ苦しみ歓喜するのか。人生の問いと好奇心に

応え、衝撃と活力を与えてくれる本。

932.独立国家のつくりかた(講談社現代新書)

オススメするコメント
震災は辛い出来事だったけれど、痛みを知ったことで人が築いてきた社会の

不具合を直感し、新しい考えを見出そうと動く若者が増えたように思う。坂

口恭平さんはホームレスの幸福を観察し、土地所有などの「現実」の概念を

疑うというユニークな方法論によって「不安」の幻想を暴く。日本社会を覆

う暗幕の中にパンクな愛の光を差し入れてくれる、鮮烈な存在。

オススメ人の情報
WEB
http://www.jinsakisoko.com/