まるやまあさみ

747.にんげん蚤の市(新潮文庫)

オススメするコメント
高峰秀子さんは元々好きな女優さんなのですが、彼女のエッセイを初めて読んだのがこの本です。
語り口が軽妙でサバサバとした言い回しがとても気持ちよく、すぐに引き込まれていきました。
自身が子役の時代から今まで出会ってきた様々な人達との触れ合いが書かれているのですが、高峰秀子さんの優しくお茶目な人柄や、人との暖かい交流(宅急便のお兄さんとも!)の様子に、読む度に元気を頂いています。
人付き合いに少し悩んだ時にはこの本を手に取ることが多いです。

オススメ人の情報
WEB
http://maruyamaasami.tumblr.com/