黒坂麻衣

711.帰ってから、お腹がすいてもいいようにと思ったのだ。(文春文庫)

オススメするコメント
何気ない生活の中の匂いや音や人の愛おしさ
身体に水が巡るようにとても自然な正直な言葉
愛おしさも哀しさもぜんぶ飲み込んで
匂いが立ち上り音が流れる
食べることは生きること
ただひたすら見落としていた当たり前の生活の中の幸福や美しさ
日々の言葉にふっと生命力が湧いてくる

オススメ人の情報
WEB
http://maibou8.wix.com/mai-kurosaka