705.台所のおと(講談社文庫)

オススメする人
和田 浩一様

オススメするコメント
病気で寝込んでしまっている男が、女房が台所で発する料理作業ひとつひとつの音から、様々なことを想像する。
音と感情、所作が完璧にリンクしていることを教えてくれる。
キッチンデザインを生業としている自分の戒めとして、時々この文章を思い出すことにしている。

オススメ人の情報
WEB
http://www.studiokaz.com/

著者などの情報
幸田 文

更新日
11/27/2014