服部公太郎

690.Born to run(NHK出版)

オススメするコメント
メキシコの峡谷に住む、伝説の走る部族「ララムリ」と、100kmを超える「ウルトラマラソン」に魅せられた人々の実話。
いつのまにか「長距離走」に潜在的に植え付けられた苦手意識を一新してくれる画期的書物。
「走る」事への深い考察もさることながら、冒険小説としても飽きさせない。
読み終わるときっと走り始めているはず。

691.さようなら、ギャングたち(講談社文芸文庫)

オススメするコメント
この一冊はとても美しいけど、
ほんとのところ、高橋源一郎の小説ならなんでも良いのかもしれない。
どの高橋源一郎も、自由で実験的で詩的で刺激に満ちています。

オススメ人の情報
WEB
http://www.kimitarohattori.com/