はなのすきなうし(岩波書店)

オススメする人
かんべあやこ様

オススメするコメント
主人公の子うしフェルジナンドはともだちみんなとは全く違うことに興味を持ち、いつもひとりぽっち。
彼が寂しがっていないことを知り、お母さんは彼を認めて見守ります…。
みんなと同じでないといけないのではないか、不安な気持ちになってしまう全ての子どもと親、あるいはおとなに優しく自己肯定させてくれ、元気づけてくれる絵本です。

オススメ人の情報
http://akoillust.jugem.jp/

オススメする人
高橋キンタロー様(イラストレーター)

オススメするコメント
みんなが夢中になる闘牛なんかしたくなくて、花の匂いにうっとり・・っておマヌケな牛フェルジナンドの話が絵本「はなのすきなうし」。

スペイン内戦下に書かれたこともあって反戦の意が込められているとよく言われますが、ポイントは人(うし)と違っていいんだよ、好きに生きなさいと理解する母親(うし)の存在です。

オススメ人の情報
WEB
http://www.tis-home.com/kintaro