田尾沙織

499.旅をする木(文春文庫)

オススメするコメント
10代の頃一枚のアラスカの写真に魅せられそこに写っていた村宛に訪ねたいと手紙を書き訪ねて行った事で始まる写真家星野道夫のアラスカでの人生。
著者がどれだけアラスカの自然を愛していたのか、そこに居る事が幸せだったのか、文章を読むだけでまるでアラスカの広大な景色が目の前に広がる様です。

500.スリー・カップス・オブ・ティー(サンクチュアリ出版)

オススメするコメント
普通のアメリカ人の男の子がK2登山で失敗し偶然辿り着き助けられたパキスタンの山奥の村に小学校を建設し始める。
イスラムの文化、アルカイダ、女性差別、資金調達、いくつもの難関をクリアしプロジェクトはどんどん大きくなっていく。
自分の心を開き現地の人に信頼される彼の誠実さに元気づけら、強い意志で目標に向かって走り抜けている彼の姿に、行動に移す事が大切だと背中を押される様な一冊。

オススメ人の情報
HP
http://taosaori.com/