465.夜長姫と耳男(「桜の森の満開の下・白痴 他十二篇」)(岩波文庫)

オススメする人
曄田依子様

オススメするコメント
モノを作るにあたって、いつも回想される言葉があります。
劇中の「好きなものは咒うか殺すか争うかしなければならない」
という台詞、キャンバスの前では自分ともう一人の自分とが、まさにこのような状態で均衡を保っており、いつ読んでも新鮮に響きます。

オススメ人の情報
http://yoriquo.com/

著者などの情報
坂口 安吾

更新日
03/26/2014