我喜屋位瑳務

418.らもチチ 私の半生 青春篇(講談社文庫)

オススメするコメント
中学生の頃に見た夢で、テストの解答が全く書けていない状態で終了の時間が迫ってきた。
やばい、やばいとすごく焦って解答用紙の回収がまわってきたところで夢から覚めた。
僕は夢精をしていました。
この本では中島らもが同じような体験を書いているのです。
元気が出ました。

オススメ人の情報
http://gakiyaisamu.com/