河井いづみ

236.おおきなきがほしい(偕成社)

オススメするコメント
もし大きな木があったら。。主人公かおるの妄想が炸裂する絵本です。
理想の家や遊び場を絵に描いて、そこで自分がどういう風に楽しむか想像してワクワクする。
そんな時間が子供の頃から好きです。
夢を見る事、その実現へと容易に踏み出せる軽やかな心を、思い出させてくれる本です。

237.パリでメシを食う。(幻冬舎文庫)

オススメするコメント
パリで暮らす10人の普通の人々にインタビューし、彼らの人生を描いた本です。
海外生活ならではの辛い事は多い、常に自分を持っていないといけない。
だけどパリはいつでも美しく、ふと特別な喜びを感じる瞬間がある。
日本だろうと海外でだろうと、生きるって辛いけど幸せ。
カチコチに固めてしまっていた頭が、気持ちが、すーっと軽くなる。そんな本です。

オススメ人の情報
http://kawaiizumi.com/