青山功

2549.火の鳥4 鳳凰編(角川文庫)

オススメするコメント
この本は私が十代のころに初めて読んだものです。
火の鳥は全編に人間の生と死について描かれていると思います。
他のものも好きなのですが鳳凰編については何故か思い入れがあります。
それは多分主人公の我王に良い面も悪い面も含めて人間らしさを感じたからだと思います。
何故生きるのか、どう生きるのかそういったことのヒントになるかもしれません。

オススメ人の情報
WEB
https://www.aoyamaisao.com/

Twitter
https://twitter.com/aoyama1968

instagram
https://www.instagram.com/aoyama_is/