浅野りん

2374.小さな恋のものがたり(学研パブリッシング)

オススメするコメント
小さい頃、母に「この漫画なら読んでいい。」と言われて育ちました。
ところが、反発するように少年漫画ばかりを貪り読んでたわけで、たまたまこうして漫画家になったデビュー作も少年漫画でした。
ちゃんと読んだのは二十歳をこえてからです。

チッチという小さい女の子は悩みながらも、サリーに一生懸命恋をします。
彼女は日常のほんの小さなことで感動したり涙したり、それはそれはとても忙しい女の子で、チッチが失恋した時は大号泣でした。
漫画を読んであんなに泣いたのは久しぶりだとビックリした覚えがあります。

舞台に、ここという明確なものはありません。
お母さんは着物姿で割烹着だし、ゲームや携帯電話もありません。
今の若い子たちが読むとどう思うのか想像もできませんが、この恋の話はきっと気持ちを暖かくさせると思います。

オススメ人の情報
WEB
http://www8.plala.or.jp/rin-a/

Twitter
https://twitter.com/rin_asano