池上幸輝

2034.雨の日も、晴れ男(文春文庫)

オススメするコメント
理不尽で辛いことがあったとしても、ユーモア溢れる行動で、しっかりと地に足を付けて生きていく主人公に、とても元気付けられます。
挫けそうな時に頑張る事はとても難しく、前を向く事さえ恐れてしまうと思います。
しかし、この主人公を見ていると、不思議と、前を向くのも悪くないと感じると思います。

オススメ人の情報
Twitter
https://twitter.com/winter_parasol