シマブクロユウキ

2083.耳をすませば(徳間書店)

オススメするコメント
原作漫画もあるのですが、個人的に馴染み深い絵本の方を選びました。
ご存知の方も多いとは思います。ただの文学少女だった雫が、夢に向かって着実に前へ進んでいる聖司にギャップを感じて悩み、足掻きながらも成長していく姿がとても好きで励まされます。
チクリと刺さるセリフや、ハッとなるようなセリフも大好きです。
夢がある人、やりたいことがあるけど足踏みしている人にぜひ読んでもらいたいです。

オススメ人の情報
Twitter
https://twitter.com/s_d_design