289.おべんとうの時間(木楽舎)

オススメする人
天野慶様

オススメするコメント
昨年義理の父が亡くなった時、嚥下ができなくなってしまい、「胃ろう」をつけることになりました。
自宅で最期を看取ったのですが、意識がなくなる寸前に握りずしを口へ運ぶ仕草をしていました。
「生きたい」と「食べたい」は繋がっているんだと、切に感じました。
誰かが誰かのために作るお弁当には「元気に生きてほしい」という祈りが、込められていると思うのです。

オススメ人の情報
http://blog.livedoor.jp/kei57577/

著者などの情報
阿部 了(写)
阿部 直美(文,著)

更新日
05/29/2013