村山永子

1909.隊商 キャラバン(岩波少年文庫)

オススメするコメント
隊商に加わった旅人たちが、一人ずつ物語るオムニバスです。
鳥になったカリフ、呪われた海賊船、失われた片手、小さいムク…どの話も童話というより冒険活劇という感じで抜群におもしろいのですが、ただの短編集ではありません。
結末には思わずアッと息をのみ、巧みな構成に唸ります。

1910.紅はこべ(創元推理文庫)

オススメするコメント
革命後の混乱したパリから海峡を越えて貴族たちをイギリスへ逃がすため暗躍する謎の男「紅はこべ」を巡る物語です。
「二都物語」と「三銃士」を混ぜたようなおもしろさ。
謎に迫る主人公のマルグリットの知性や度胸や気高さやおしゃれさがすばらしいので、物語が好きな女性に特におすすめです。

オススメ人の情報
WEB
http://ynku.net/