255.呪師に成る(二見書房)

255:呪師に成る(二見書房)
【楽天ブックスならいつでも送料無料】呪師に成る [ カルロス・カスタネダ ]

オススメする人
村井和章様

オススメするコメント:
ヤキ・インディアンの呪術師ドン・ファン・マトゥスの下で砂漠での修行を記した本。

カルロスは夕暮れの中、死にかけた動物を見つけ、それに心が釘付けになる。
しばらくして、それは岩肌に引っかかったぼろ布が風に旗めいていた事に気がつく。
彼は勝ち誇ったようにそのことを師に告げると、師は呪師が優れているのは、死にかけた動物であることとぼろ布であることを選び取れるということだと、教える。

人が行う現状から1歩踏み出す努力は、選び取られた意思であり、価値幻想と感動を見続けるということだ。
生きていく目的意識が人を成長させ元気にする。

オススメ人の情報
WEB
http://www.tubasawind.com/

著者などの情報
カルロス・カスタネダ
真崎 義博(訳)

更新日
04/10/2013