久野貴詩

1729.さようなら、ギャングたち(講談社文芸文庫)

オススメするコメント
自分はもうすっかりだめになってしまった。
でも、もしかすると、まだなにかできるかもしれない…
そんなわずかな兆しを感じたとき、手にとってきた小説です。
何度読んでもよくわからない。よくわからないけれど、
その“よくわからない”をまるごと掴んだときの
「わかった!」という感覚は、なににも代えがたいのです。

1730.やっぱりおおかみ(福音館書店)

オススメするコメント
大人になってから出会った絵本ですが、
ずっと前から知っていたような、
「おおかみ」はずっとそこ(ここ)にいた(いる)ような…
いつも心に「おおかみ」をふらつかせながら、
それでもいいじゃないかと思ったら、
ナイスな気持ちになってくる。
ほんのひとときだけでも。
またすぐに寂しくなってしまったとしても。

オススメ人の情報
Web
http://kunotakashi.com/

Behance
https://www.behance.net/kuno_takashi

Twitter
https://twitter.com/kuno_takashi

Instagram
https://www.instagram.com/takashi.kuno/