こだま

1754.水木しげるのラバウル戦記(ちくま文庫)

オススメするコメント
軍隊でのいじめ、被弾、捕虜生活・・・戦闘下にありながら、どこか呑気に原住民と友達になったり絵を描いたりして過ごす水木さん。
苦境を感じさせない飄々とした生き様や語り口調が好きで何度も読み返してきた一冊です。

オススメ人の情報
Twitter
https://twitter.com/eshi_ko