小川ケイコ

1689.Tokyo style(ちくま文庫)

オススメするコメント
上京して一人暮らしを始めたときの、何をしてもいい、自由になった気持ちを思い出せる一冊。
でたらめだけど楽しくて、とっちらかってるのにおしゃれな、愛と情熱と生活感にあふれた部屋の写真集です。
90年代後半の風俗が真空パックされていて、当時のまんがとあわせて読むと相乗効果抜群です。

1690.どくろ杯(中公文庫)

オススメするコメント
2010年、つとめていた会社が傾き、ほどなく無職になり、自己肯定感が最低の頃に出会った一冊。
大正時代の紀行文(でもなかなか出発しない)ですが、でたらめな生活の中のするどい言葉が刺さります。
「いろんな時代の空気と、その時々の価値観と、それらの移ろいやすさを思うと色々あきらめがつくし、その中で変わらないものの多さに安心もする。」
とは当時の私が書き残した感想です。どん底の人におすすめです。

オススメ人の情報
WEB
http://www.ogawakeiko.com/

Twitter
https://twitter.com/keeeee_1220