長田恵子

1695.あこがれ(新潮社)

オススメするコメント
小学校の同級生、麦くんとヘガティーの、恋愛感情に突入する一歩手前のイノセントな友情に胸がきゅーっと締めつけられ、同じ目線で応援してしまうのです。
大人からすれば他愛ない出来事に一喜一憂し、全力で息をするような彼らのひたむきさに、懐かしいような、うらやましいような、温かい気持ちになります。

オススメ人の情報
WEB
http://www7b.biglobe.ne.jp/~osadake/