しらこ

1620.陰翳礼讃(中公文庫)

オススメするコメント
日本家屋のどこか安らぐ仄暗さから羊羹が包容する深みのある濁りまで、様々な日本文化の美しさを「陰」をテーマに論じた随筆。
著者の谷崎自身が色々な所で体感した陰の心地よさを一緒になって感じることができます。

オススメ人の情報
Twitter
https://twitter.com/rakoshirako?lang=ja