平尾香

1667.アルケミスト 夢を旅した少年(角川文庫)

オススメするコメント
生きてゆくことは、旅するようなこと。目的地は希望であり夢。
歩んでゆく道の途中での出会い、試練、選択は、人を大きく成長させてくれます。
自分の人生と少年の旅がリンクしながら、たくさんのことを気づかせてくれる本。
読み終えた時、きっと、今この本を手にとった深い意味に感謝したくなることでしょう。

1668.ベロニカは死ぬことにした(角川文庫)

オススメするコメント
つまらない毎日を変える方法は様々ですが、ベロニカの選んだ道とは…ベロニカが気づいたこととは…。
この深い青い闇の中を通過したのなら、朝、目が覚めて繰り返される毎日が意味を持って輝き始めることでしょう。

オススメ人の情報
WEB
http://www.kao-hirao.com/