三好愛

1492.夜のくもざる 村上朝日堂超短篇小説(新潮文庫)

オススメするコメント
小学生のときにはじめて読んで、文章ってこんなに自由なんだ、とびっくりしました。
頭が固くなりそうになったときに、余裕を取り戻すため、今でもたまに手にとります。
表題作の「夜のくもざる」がいちばん好き。

1493.イワン・デニーソヴィチの一日(新潮文庫)

オススメするコメント
強制収容所にいるイワン・デニーソヴィチの1日を淡々と追う小説。
たった1日だし、本も薄いんだけど、そのときのソビエトをものすごいリアルに描いてる感があって、おもしろい。
カーシャ(お粥)を食べるシーンの描写が秀逸です。

オススメ人の情報
WEB
http://www.344i.com/

Twitter
https://twitter.com/344ai