丸岡京子

1366.独り行く道 中川一政画文集(求龍堂)

オススメするコメント
ひとり家で黙々と刺繍をしていると、突然「こんなことしてていいのか」という訳のわからぬ焦燥感にかられたりすることがありますが、そんなときには「画をかいていても人の役には立たない、その度胸を決めろ」と看破した言葉に励まされ、また力強く生き生きとした絵が今日も私の背中を押してくれます。

1367.きれいな絵なんかなかった こどもの日々、戦争の日々(ポプラ社)

オススメするコメント
絵本作家アニタ・ローベルの子ども時代の回想記。
大戦下のポーランドで両親とも離れ離れになり、弟とふたり強制収容所に入れられるもなんとか生き延びるという苦難の子ども時代を経て、自らがきれいな絵をこの世界に生み出すようになった軌跡を思うと、ますます彼女の絵本の美しさが胸に迫ります。絵本もぜひ。

オススメ人の情報
WEB
http://www008.upp.so-net.ne.jp/gera/