深瀬優子

1398.家守綺譚(新潮文庫)

オススメするコメント
亡き友の実家の家守として住む主人公。
河童や小鬼等異界の者たちとの交歓や移り行く季節の自然が美しく綴られる。
植物の名前を題名にした28の短編からなるこの物語を読み返す度に不思議で静謐な世界に心地良く浸る事が出来ます。

1399.お縫い子テルミー(集英社文庫)

オススメするコメント
流しの仕立て屋として注文主の家に住み込みながらその人にぴったり唯一無二の服を仕立てる少女テルミー。
服作りに対する真摯な気持ちに共感し、己の技術のみ何ものからも自由に生きて行こうとするテルミーの逞しさに強く惹かれます。

オススメ人の情報
WEB
http://www.geocities.jp/gosuioukoku/Fukase/Home.html

Twitter
https://twitter.com/fukaseyuko