村上きわみ

1212.どろぼうのどろぼん(福音館書店)

オススメするコメント
猛々しい高揚感とは無縁の、ごく小さな声で綴られたやわらかい物語。
その上質な物語の底にある、遠くを信じて賭けていくような筆致の美しさに打たれます。
それはそのまま、著者が世界へ差し示す繊細な別解のようでもあり。
全く新しいサバイバルの物語として読みました。ことばへの身構えが清潔。

1213.須弥山と極楽 仏教の宇宙観(講談社現代新書)

オススメするコメント
予備知識ゼロの状態で読み始めて、あまりのおもしろさにのめり込んだ一冊。
特に、懐疑をたたみ掛けながら説く「非想非非想処」のくだりは大変興味深く、唸りました。極大から極微まで、仏教の深みの一端に触れられる好著。
時間や自己の概念が更新されるような、不思議な読書体験を味わえます。

オススメ人の情報
Blog
http://blog.goo.ne.jp/imawik

Twitter
https://twitter.com/imawik